2012年9月23日日曜日

sbtの導入


いろいろあってScala+JavaFXでテトリスを作ることになりそう.
なので,まずsbtを導入します.


環境






  • Mac OS 10.7.4(Lion)







sbtのインストール




sbtのインストールは sbt-launch.jar をダウンロードし,これを実行するスクリプトを作成することで完了する.
例として ~/local/bin/sbt/ の下にインストールする手順を以下に示す.


  1. sbt-launch.jar から sbt-launch.jar をダウンロード.これを ~/local/bin/sbt/ の下に置く.


  2. sbt というファイル名でスクリプトファイルを作る.
    スクリプトの中身は以下のようになる.



    java -Xms512M -Xmx1536M -Xss1M -XX:+CMSClassUnloadingEnabled -XX:MaxPermSize=384M -jar `dirname $0`/sbt-launch.jar "$@"






  3. スクリプトファイル sbt に実行権限を与える.
    $ chmod +x ~/local/bin/sbt/sbt


  4. PATHを通す.
    ~/.bash_profile に以下の行を追加



    export PATH=/Users/<ユーザー名>/local/bin/sbt/:$PATH







これでインストールは完了





とりあえずHello World




とりあえず,Hello Worldを出力するだけのプログラムを実行してみる.
プログラムは ~/hello 以下に作成する.
手順を以下に示す.



$ cd ~
$ mkdir hello
$ echo 'object Hi { def main(args: Array[String]) = println("Hello World!") }' > hw.scala
$ sbt
...
> run
...
Hello Wolrd!










おわりに




とりあえずこれでHello Worldができた.
使い方など,もっとsbtのことを知りたい人は参考URLを見てください.
というか,この記事よりも参考URLの方がわかりやすいと思います.





参考URL





--
My Emacs Files At GitHub